「3Dプリンタ製の家」福袋、高島屋が発売 1棟限定、家具付きで価格は330万円

Online News Magazine

 高島屋(高ははしごだか)は10月24日、2023年初売り福袋企画の一環として3Dプリンタ製の建築物「Sphere(スフィア)」3D プリンターハウス 夢袋」を発売すると発表した。販売台数は1棟のみで抽選販売、価格は基礎工事代なども含めて330万円。応募は1月2日から全国の高島屋15店舗で受け付ける。


3Dプリンタ製の建築物「Sphere」

 Sphereは、日本初の3Dプリンタ住宅メーカーであるセレンディクス(大分県日田市)が研究開発を進める約10平米(高さは約3.9m)の建築物。構造形式は鉄筋コンクリートで、24時間で施工可能という(造成工事や基礎工事が別途必要)。電力は使用できるが、水回りの使用は不可能としている。グランピングなどのレジャーや趣味用の離れ小屋、仕事の作業部屋などの利用を勧めている。


Sphereの利用例

 商品にはSphere本体の他、家具やアイテムが自由に選べるオプションも付く。発売後、1月中旬までに抽選し、当選者に連絡するという。納品予定は2月としている。詳細は今後、高島屋の公式Webサイトで告知する。


Sphereの利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Read More

Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 Comments :

Post a Comment